受刑者に応じた教育

未成年者が犯罪を犯して刑期が言い渡された時に収容される場所があります。少年刑務所と呼ばれる施設です。そこでは、未成年の受刑者に対して社会生活を送るための矯正処遇が行われています。具体的に言いますと、少年刑務所の指導職員が受刑者に対して教育を行うというものです。

 

それは、法律に定められている項目を基に行われます。その教科といいますのは、受刑者の能力に応じて行われています。職員は、受刑者に対して一般的な教育を施します。講話や体育や行事や面談や相談助言という項目もあります。受刑者一人ひとりに対して行われているそれらの処遇は、受刑者が今後刑期を終えた上で健全な社会生活を行う事が出来るようにという思惑があります。受刑者が、刑期を終えてからも一般人として真っ当な生き方が出来るようにと法律で定められた処遇の基で具体的に行われます。

 

最終段階では、受刑者は実際に保護観察のもとで仮に社会生活を行います。それにより、一般的な社会生活というものを肌で感じて経験することになります。受刑者が保護下の下で体験することで、身体に覚えさせるのを目的としています。このように、矯正処遇は段階を通して受刑者に教え込まれていきます。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。