受刑者の改善意欲を喚起

少年刑務所は矯正施設ですので、収容者が規律正しい生活を送れるよう様々な制限がかけられています。しかし長期収容されている場合、更生意欲が減退してしまうこともあるため改善意欲を喚起する目的で優遇措置を取って制限の緩和を実施することがあります。

 
少年刑務所に収容されている人は未成年が多いため、過ちを犯したとしても家族が恋しくなるというケースがあり、施設内からの手紙の発信や家族が面会に来ることによって関係を深めていきます。入所したばかりの時は1ヶ月あたりの手紙の発信回数や面会の回数がかなり制限されていまして、施設での生活に馴れ更生教育に集中することになります。

 

入所後しばらくしてから数カ月ごとに審査が実施され、生活態度に問題がなく他の収容者とトラブルを起こして懲罰を受けるということがなければ、少しずつ制限が緩和されていきます。1カ月あたりの手紙の発信回数や面会が許可される回数が増えていくのです。さらに、施設内で使用する持ち物も差し入れや指定店で購入することによって許可される物品が増えていきますし、1カ月に数回はお菓子を食べたり映画を観たりといったイベントに参加できるようになるなど、改善意欲が増す工夫が施されています。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。