刑務作業にはどのような目的があるのか

子供01刑務所は、有罪判決で懲役刑や禁固刑を受けたものを収容する施設です。行動の規制などの罰を与え反省を促す狙いがあります。また、収容者に規則正しい生活や集団生活に馴染ませることによって、出所後社会生活に復帰させる能力を身に着けさせます。

 

少年刑務所では、26歳未満の男性受刑者が収容されており、通常の刑務所よりも更生や社会復帰のための矯正に力を入れています。犯罪を犯した罰を受けさせるだけでは、出所後またお金を得るために犯罪を犯す場合があるからです。そのため少年刑務所では、通常の刑務所と同じように刑務作業が義務付けられています。

 

作業には、皮や木の加工、洋裁などの生産作業があります。また、ヘルパー資格やウォークリフトの資格などを得るための職業訓練を行うことができます。このような経験を積むことで、お金を得るための努力を知ることや労働することへの意欲を高めることが目的です。

 

規則正しい生活と労働を行うために下地を作ることができるため、出所後は会社に勤めるなどの一般的な生活を送りやすくなります。また、この作業で得られた賃金は一般の作業に比べ少なくはありますが、出所後受け取ることができます。この賃金は新たな生活を送るための基盤とすることができます。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。