社会生活に適応するための指導

未成年で犯罪を犯した受刑者が、少年刑務所における社会生活を送るための指導というものが法律で定められています。それは、主に四項目に分けられています。一つ目は「刑執行開始時の指導です」どのような内容かと言いますと、受刑者は刑が執行開始前二週間の間に様々な心構えを指導されます。そこで指導される事は、受刑者がなぜ刑罰を受けるのかということの意義や、矯正処遇を受ける前提となる必要項目になります。

 

ここで、初心を学びます。二つ目は「改善指導」になります。これは、具体的な体験による指導になります。受刑者に対して指導員が直接指導にあたります。一般的な指導は、体育、講話、行事、面接、相談助言です。それらを行う事により受刑者が社会で生活を送るための健全な精神を培わせるのが目的でもあります。三つめは「教科指導」です。これは、一般教養を学ぶための指導になります。

 

受刑者の教育度合いに応じて教育的指導がなされます。これにより、受刑者が刑務所を出てからも一般人として生活を送る事が出来るようになるために、社会で働ける教養を身に着けてもらうことが目的です。それから四つ目は「釈放前の指導」です。これは、受刑者が実際に社会に出て実践経験を積む事で社会復帰をしてもらう事が目的です。以上になります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。